トップ > 美容原液 > セラミド原液

セラミド原液


このセラミド原液は、保湿機能低下を防ぎ角質の乱れを整える優れた成分です。また、水分を角質内に閉じ込める機能を備えておりドライスキンの方にお勧めです。

ノズル付き
※高濃度のため冬場は粘度が高くなり出しにくいときがあります。
※夏場は分離するときがありますので、よく振ってからご使用ください。

※角質層が荒れているときや調子が悪い時は、刺激を感じることが稀にあります。その時は慣れるまで一回の量を減らすか化粧水などに混ぜてご使用ください。

 
販売名  :  セラミトEX
容 量 30ml
全成分


 



 
セラミド1・セラミド3・セラミド6供Ε侫トスフィンゴシン
コレステロール・ラウロイル乳酸Na・カルボマー・キサンタン
ガム・メチルパラベン・水
 
 
保管方法
・開栓前は約6ヵ月、開栓後は約3ヶ月を目安に使い切ってください。
・開栓後はノズルキャップにお取替えいただき保管してください。
 
価格 : 4,400円(税込)
ポイント : 44
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
セラミド原液 ご使用方法
朝晩、洗顔後に一円玉ぐらいの量を手にとり、顔全体にマッサージしながらなじませてお使いください。

原液が出しにくい場合は、1画像のようにノズルキャップを閉めたまま逆さまにして2、3回振ってください。
次に2画像のようにノズルキャップを外してから、矢印の部分を指で挟むと簡単に原液が取り出せます。
 
 
セラミド原液の上手な選び方
セラミド原液の上手な見分け方は全成分を確認することです。全成分の記載する順番は多く配合されている順に記載する義務があります。必要なことは、お肌にとって有効な成分がどれだけ配合されているかで商品の良さが決まります。中でもセラミド1、セラミド3、セラミド6兇漏杏刺激に対するバリア機能や水分保持に効果的で、特にフィトスフィンゴシンは、皮膚角質層内にあるセラミドの前駆体(セラミドになる前の成分)でセラミドそのものを補給するよりも前駆体で補給したほうが吸収もよく効果的なのです。 上記のことから、プルミエール クラースのセラミド原液はセラミド1、セラミド3、セラミド6供▲侫トスフィンゴシンを豊富に配合しておりますので、市場の中でも最高のセラミド原液と謳っても過言ではありません。
配合されているセラミドの役割
角質層には多くの種類のセラミドが存在しています。
セラミド1-----------バリア機能を強化し外部刺激からお肌を守ります。
セラミド3-----------保湿機能をアップする共にシワを軽減させます。
セラミド6-----------ターンオーバーを正常にしてシワを軽減。
※乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎の原因は、セラミド1、3、6が不足している場合に起きるといわれています。
セラミド原液の成分詳細
セラミドとは角質をレンガと例えると、レンガを積み上げて崩れないようレンガとレンガの間に入れるセメント(角質細胞間脂質)の部分になり、その部分が無くなるとレンガが崩れ、お肌がカサカサ、ザラザラ状態になります。セラミドは角質を整え、お肌の水分を保持するために必要な成分です。特に重要なセラミド6は古い角質の剥離を促進し、シミの元となるメラニン色素排出やシワの深さを軽減する重要な成分になります。加齢とともにセラミドが減少するとターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が鈍くなり角質が荒れた状態になります。また、バリア機能を失うことで皮膚内の水分が外へ蒸発し、乾燥やシワを引き起こします。その無防備な状態を無くすことが美肌への近道になります